公益社団法人 新潟市南区農業振興公社

事業案内

産地活性化総合対策事業

事業概要

 農業者の⾼齢化が進み、不作付地が拡⼤し、農業⽣産が停滞傾向にあります。特に果樹は、経営主の⾼齢化や病気等によりリタイアする場合、引き受け⼿がなく、廃園になってしまう恐れがあります。

 このような現状を少しでも改善するため、新規就農者や規模拡⼤を目指す農業者に、樹園地等の情報を提供することによって、廃園を防ぎ、果樹産地の維持を図ります。また、新規就農希望者の受け⼊れに係る、産地としての体制作りが急務となっていることから関係機関と連携して、受⼊体制を確⽴することにより、産地の活性化を図ります。

 さらに、農家の⾼齢化や担い⼿不⾜に対応して、当公社が農作業パートを臨時雇⽤し、農家の作業を請け負う「農作業パート事業」を実施することにより農家の労⼒軽減を図ります。 これらの対策を総合的に実施して、果樹をはじめとする南区農産物の産地維持・発展を図ります。

事業内容

1.新規就農情報提供・サポート事業
2.農作業パート事業